不妊症の改善方法についてご紹介ます

不妊症は妊娠でき夫婦にとって特别に悩んでいる病気です。みんな不妊症の改善方法を調べています。本文は不妊症の改善方法についてご紹介します。

生殖補助医療法

膣の方から細い針を穿刺して卵巣から卵子を取り出し、体外で精子と受精させ、数日後に子宮内に受精卵(胚)を戻す方法です。精子と卵子が自然に受精しない場合、あるいは精子数が極端に少ない場合は、細い針で精子を卵子の中に注入する方法を行います。1回の体外受精でたくさんの受精卵が得られた場合、余剰胚を凍結し、妊娠しなかった場合や次の子どもを望む場合に戻す方法もあります。

タイミング法

原因不明の不妊については、タイミングの不一致である可能性が高いとされます。そのため薬物や外科的手段を用いる方法は母胎への影響がないとはいえないので、はっきりした原因が不明である段階ではタイミング法を指導されることが多いですから、これを不妊の改善方法の一つになります。

人工授精

人工授精とは精液または精子を人工的に子宮の内腔に注入する不妊改善です。

精子が子宮、卵管を通過していく間に生理的な精子の選別を受け、排卵後に卵管内に取り込まれた卵子と自然に出会います。卵管の通過性が特に障害されないような症例に適応されます。

体外受精

体外受精は、女性から卵子を、男性から精子を取り出して体外で受精させ、培養した受精卵を子宮に戻すことで妊娠率を高める方法です。男性と女性それぞれに不妊の原因があって、人工授精までの改善では妊娠が困難だとわかっている場合に行われます。