男性不妊症に対して生活改善方法

結婚して避妊せずに2年間子どもができない場合を、不妊症と呼んでいます。このなかで男性側に原因があるものを男性不妊症といいます。男性不妊の原因は、大きく分けて3つあります。無精子症、性機能障害、精液性状低下などがあります、ここでは、男性不妊の生活習慣の改善方法を紹介します。

  • 肥満

BMI値が高い男性は、精子の量が少ないというデータがあります。これは、精巣の周囲に脂肪がついているたに、精巣が温められてしまうのが要因です。精子は熱に弱いため、精巣が必要以上に温められると、質が低下したり、奇形になったりすることがあります。極度のダイエットは健康を害するので、普段より意識的に歩いてみるなど、無理せず体重を落としましょう。

  • 毎日同じような食生活(偏食)を避けてバランスよく

精子数の低下と運動能力に関わることなので、これは外せないですね。ビタミンDだけを摂取すればよいものではないですが「アン肝、サーモン、しらす干しなどの魚類や、木くらげ、干し椎茸 」などはビタミンDが豊富らしいです。

  • 漢方

漢方は男性不妊の際に重要となる、腎の強化と血の充実をもたらすとされています。腎は生殖機能を管理し、精子を増やしたり運動率を向上させたり、奇形率を下げるといった部分を司っています。血は精子がしっかり子宮まで届くように運動率を上げたり、充分な勃起を促したりするために重要とされています。

  • ストレスを発散する方法

ストレスはほとんどの病気の原因に影響し、不妊の原因の1つでもあります。ストレスが溜まることでホルモンバランスが崩れます。卵管を収縮させたり月経の異常を起こしたり、自律神経の乱れにつながります。妊娠したい人は日常生活の中で入浴や運動、趣味などを持つようにして、ストレスを溜めこまないように発散させましょう。

  • コーヒーを控えめに

毎日、会社でコーヒーを4~5杯飲んでいたのですが、カフェインが精子によくないというウワサがあるようなので、1日3杯までに減らしました。