男性不妊についてのこと

男性不妊症とは、不妊症の内、主たる原因が男性側に認められるものです。かつてはあまり注目されない概念であったが、近年は研究と認知が進んできており、その罹患率も女性に比べて極端に低いとも言えず、不妊症は決して女性だけの問題ではないと認識されつつあります。

男性不妊原因について

男性不妊には先天性と後天性のものがあります。先天性の男性不妊の原因は、様々な遺伝的要因や、発育段階で受けた影響等で、性機能不全になるものです。性機能不全とは、性的欲求や性的興奮とその最高潮などが、減退・欠如する状態をいいます。勃起障害(ED、勃起の状態や持続時間が不十分で性行為が行えない又は不十分な状態)、早漏(射精が早期に生じ、性行為に満足を得られない)、オルガスムス障害・遅漏(オルガスムスに達ない、又は時間がかかりすぎ、射精困難で満足が得られない)等があります。

男性不妊症状について

無精子症とは、男性の精液中に、精子を観察できない状態、あるいは運動率が極端に低い(20-30%以下)場合を言います。無精子症は不妊の最大の原因となり、深刻な問題として認識しなければなりません。診察で無精子症と診断されても、その後の治療・改善によって妊娠する夫婦はたくさんいますから、あきら めることはありません。

乏精子症とは、精子の数が一般的な数値よりも極端に少ない症状です。乏精子症の程度によって、軽度・中等度・重症度に分けられます。正常値は、1ccあたり6000〜8000万以上と言われますので、5000万以下の場合は軽度、1000万以下の場合は中等度、そして100万以下の場合は重症度,と区分されます。

精子無力症とは、活発に前進することができる精子がとても少ない状態のことを指します。具体的には「動いている精子が50%未満」、もしくは「活発な前進運動をしている精子が25%未満」の場合と定義されています。すべての精子が動いておらず、精子が生きているのかどうか見ただけでは確認できない状態のことを「精子不動症(せいしふどうしょう)」と呼ばれます。これらの症状は、精子の“量の問題”ではなく“質の問題”と言えるでしょう。

無精液症とは射精感があっても、実際には精液がまったく射精されない状態のことを言います。精液が作られない状態になっている、また逆行性射精なども考えられます。

男性不妊治療法について

無精子症の分類と精子回収術

精液検査の結果、射出精液中に精子が存在しない場合には無精子症と診断されます。無精子症は下記のように、閉塞性無精子症と非閉塞性無精子症に分けられます。

閉塞性無精子症

精巣で作られた精子は、精巣上体、精管を通り精液として射出されます。精液が体外に射出されるまでに通る経路(精路)が炎症により詰まる、または細くなることにより精路通過障害が起きると閉塞性無精子症となります。つまり、精巣で精子を作る能力はあっても、精路が詰まり、射出精液中に精子が認められない状 態となります。

しかし閉塞性無精子症の患者さまは、精巣で精子が作られているため、精巣の精細管や精路となる精巣上体管・精管(右図2)から、後述する精子回収術により高い確率で精子を採取することがでます。

非閉塞性無精子症

精巣で精子をつくる機能が低下し、射出精液中に精子が認められないものを非閉塞性無精子症といいます。射出精液中には精子は認められなくても、精巣内の精細管の一部でわずかに精子がつくられていることがあります。そのため、後述する精子回収術によって精子を回収できる場合があります。何らかの原因により性腺刺激ホルモンが低下し、造精機能が障害されている場合には、ホルモン補充療法により精子形成が認められるようになることがあります。

以上はいろんなことを紹介しています。自分の症状に合う治療法を選んでください。

>>最強媚薬紅蜘蛛は漢方人気媚薬です。紅蜘蛛販売サイトは海外の媚薬ショップです。購入したいなら、勧めます。とても便利です。しかも紅蜘蛛の価格も安いです。

>>ペニス増大薬巨人倍増の効果は素晴らしいです。ペニス増大効果を感じる人は95%以上です。ですから、今日本だけでなく、アジアでは、巨人倍増の人気度は高いです。